カテゴリー別アーカイブ: 未分類

ほっこりレター ~ ピラティス始めました ~

< ピラティス始めました > いちえんそう S・N

新しい年度が始まりました。皆様元気でお過ごしでしょうか? 私は、数年前に定年を迎えてから、日々体力の衰えを実感するようになりました。

そんなこんなで習い事を始めました。私が始めた習い事は、ピラティスです。姿勢、柔軟性、筋力、バランス力を改善、強化するために設計されたエクササイズと体の動作法だそうです。紹介文の姿勢、呼吸、歪みを整え丈夫な体を手に入れましょう。腰痛、肩こりに悩む方におすすめです。との言葉に惹かれました。

教室では、一つ一つの背骨の間にある細かい筋肉を強化することで背骨を正しい位置に置くことができるそうで、背骨と背骨のすきまを開けるために背骨を順番に動かす練習をします。今ではストレッチをする時は背骨のイメージが思い浮かんできて、1,2,3,4と数えながらやっています(笑)。いわゆるインナーマッスルを使う練習もしていて、骨盤の底面にハンモック状に存在する骨盤底筋、おなかの周りをコルセットのようにぐるりと囲む腹横筋、腹腔の上層部をおおい呼吸とともに動く横隔膜を意識するようになりました。横隔膜はピラティスの呼吸法が複式呼吸で肺を前面や背面、横に広げるように深く呼吸することから特に意識するようになりました。

ただ頭と体の運動が今ひとつで早い動きとか、複雑な動きになるとついていけない自分がいます。
ここは適当にごまかしていますけど(笑)。元気に動ける今のうちに健康貯金をできるだけしていこうと思っています。

ほっこりレター ~ 家族に誘われて ~

< 家族に誘われて > いちえんそう K・H

兄夫婦から息子の卒業式に来てもらえないかと誘われて、私と母と義姉、甥っ子の4人で東京に行ってきました。4年前の入学式も一緒に行くことを予定していましたが、新型コロナ流行の為、式が中止となってしまい、旅自体も中止に。今回こそ来て欲しいとの事で、ようやく行くことが出来ました。

小松空港から羽田空港、電車の乗り継ぎなどは義姉や甥っ子が案内をしてくれてなんとか都内に到着する事ができ、二人がとても頼もしかったです。1日目は都内を観光し、2日目が卒業式で天候にも恵まれて本当に良かったです。初めて大学の構内に入り、思った以上に広いことにびっくりしました。そして、長い坂道もあり、甥っ子は毎日大学に通い続け、この坂道を上り下りをしていた事がすごいなと思いました。そして、普段から歩くことが少ない私にとっては良い運動となりました。

ついこの前大学合格したと思っていた甥っ子が、もう卒業。あっという間におおきくなった甥っ子を誇らしく思い、そんな姿を見る機会を作ってくれた兄夫婦に感謝しかありません。今回はゆっくりする時間が無かったので、いつかまた母が元気なうちに家族旅行に行きたいと思っています。

ほっこりレター ~ 防災について ~

< 防災について >(医)見郷会 いちえんそう Y・T

元旦の能登半島地震から1ヶ月。こんなに長く大きく揺れる地震は生まれて初めてでものすごく怖かったのを覚えています。新聞やテレビでの報道をみると改めて地震の被害の大きさが見え胸が苦しくなります。

私は能登半島地震後から防災グッズをちゃんと準備しようと思い使わなくなったリュックサックに少しずつ詰めているところですが、寒い時期や暑い時期によって使用する物が違ったり食料品の賞味期限や医療品などの消費期限もあります。あれこれ詰めているうちにリュックサックがパンパンになってしまい、いざといういう時には簡単に持ち運べない重さになってしまいました。

そこで色々調べると半年に一度くらいの頻度で、暑くなる春と夏にあわせて3月と寒くなる秋と冬にあわせて9月に入れ替えをしたら良いそうです。ズボラな私はできるか分かりませんが…。でも防災グッズを準備しただけでも少し不安がやわらいだような気がします。

今でも停電・断水が続いている様です。1日でも早い復旧、復興と穏やかな日常がもどりますように…。

ほっこりレター ~ 小松市に来て ~

< 小松市に来て > みたに通所リハビリテーション S・K

8月にみたに通所リハビリテーションに入職しました理学療法士のS・Kです。以前は岐阜県にて理学療法士として働いておりました。そして6月より小松市へと引っ越し、ご縁がありこちらで働かせていただいています。

岐阜県から環境が変化し現在は文化や言葉など慣れないことばかりで苦戦しながらも頑張っています。小松で迎えた冬では初めての雪かきを経験しています。岐阜県に居た際には寒さはありましたが、雪はほとんど降ることがなく雪かきを経験することはありませんでした。今年の冬はあまり雪が積もっていないと言われましたが、初めての経験に全身筋肉痛になりながら雪かきをしたことは忘れないかと思います。

入職してから5か月が経ち徐々に生活に慣れてきており、小松の町の中も少しではありますが知ることが出来たかと思います。全く知らない土地に来ることに不安を感じながら小松へときましたが、周囲の方の温かい人柄に支えられ生活・仕事と頑張ることが出来ていると感じています。

助けて頂いたことも多々ありますので今後はそれらを仕事においても生活においても還元していくことが出来ればと思います。これからまた小松で新しく経験することはまだまだたくさんありますので、一つ一つ学んでいければと思います。

ほっこりレター ~ 旅 ~

< 旅 > (医)見郷会 いちえんそう Y・Y

こんにちは。明けましておめでとうございます。いちえんそう職員のY・Yです。今回原稿を書かせてもらうのが2回目となります。

前回は、いちえんそうに入職したての平成20年頃だったと思います。あれから十数年経ち、沢山の利用者様や職員の方と一緒の時間を過ごしてきたなぁと振り返っていました。利用者様とお話する中でよく言われるのが「身体が元気な内に若い内に旅行しまっし」という言葉です。利用者様の皆さんが若い頃はハワイやグアム、日本中を旅行した~と楽しそうな話を聞いて、自分も年に2回くらいは旅行しようと思っていました。ところが、ちょうど新型コロナウイルスが流行し自宅からほとんど外出することが出来ない状況となってしまいました。

そんな時お休みの日に偶然見た韓国ドラマの面白さに感動して韓国ドラマが大好きになりました。ドラマを見ているうちに、俳優さんような美肌になるにはどうしたら良いのか?とネット検索した所、韓国コスメが良いらしいと韓国コスメにハマりました。ドラマの中で美味しそうに食べている韓国料理が食べたいと思い作ってみたりしていました。そんな生活が2年ほど続いた現在は、韓国熱がすっかり冷めてしまいました。

コロナ禍はまだ続きそうですが、少しずつ外出できる機会が増えてきました。何も気にせず旅行に行ける日が来たら、まず日本国内で行ったことのない北海道・東北・四国を旅行してみたいです。おススメの旅行スポットがあったら是非教えて下さい。

ほっこりレター ~ 家族旅行 ~

< 家族旅行 > (医)見郷会 いちえんそう T・K

こんにちは。早いもので今年も残すところあとひと月になりましたね。

いちえんそうで働き始めて16年目になります。働き始めた頃は子育て真っ最中でした。今は3人の子供が自立し、5年が経ちました。おかげ様で自分の時間が持てるようになり、気づけばアラカンと言われる年齢になってしまい、これからの第2の人生を楽しく、悔いなくどう過ごそうか模索中です。

今の楽しみはと言えば、おしゃれしたり、ショッピングに出掛けたり、たまに夫とコーヒーを飲みに行ったり、御朱印帳を持って神社寺院めぐりを夫としている。あと孫と遊ぶことである。

5歳の孫娘がいるが、春頃に「じぃじ・ばぁばディズニーランドに連れてって」とおねだりされ、孫かわいさに先日、家族6人でディズニーランド・ディズニーシーへ2泊3日の予定で出掛けました。今年はディズニーリゾート40周年。またハロウィンの期間中ということで、孫にプリンセスのドレスを着せ、仮装させ本人は大満足のようでした。孫は怖がりなところがあり、乗り物に乗れるのか心配しましたが「楽しい!」と言ってジェットコースターに平気で乗っている姿を見てびっくりするやら、おかしいやら。

「ばぁば、また行こうね」天候にも恵まれ、久しぶりの楽しい家族旅行でした。

ほっこりレター ~ アニマルセラピー ~

< アニマルセラピー >  みたに通所リハビリテーション Y・Y

私は小さい頃から動物が好きでした。それで高校生の時に「アニマルセラピー」という言葉を知り調べていたら動物と触れ合うことでストレスの緩和、精神的な落ち着きなどのいやし効果や活動性の向上を促すことを目的として行われていることを知りました。

動物には、不思議な力があり触れ合うことで心が落ち着いたり優しい気持ちになるのには科学的にも照明されているそうです。動物と触れ合うことで「オキシトシン」という物質がどんどん分泌され自律神経を整えて脳の疲れをいやして気分を安定してくれるそうです。なので私は嫌な事があっても飼っている猫にいつもいやされています。それから認知症やうつ病などの症状改善も期待できるとして医療や福祉などさまざまな分野で取り入れられているそうです。高齢者向けの施設で用いられることが多いそうです。

長く入居されている施設の入居者さんは活動性や意欲自体が減って会話や表情も変化少なくなっていく方がいるので「アニマルセラピー」で活動性、社会性の向上やQOLの改善などにもつながるので私はこのような取り組みはとてもいいなと思いました。ただいいことばかりでなく問題点もたくさんあるので海外のように普及していってほしいと思いました。

ほっこりレター ~ いちえんそう ~

< いちえんそう > (医)見郷会 いちえんそう  S・M

はじめま して。5月からいちえんそうで働かせて頂いている、看護師のMです。看護学校を卒業し、早17年が経ちました。新卒から私は、病院勤務しか経験がなく、いちえんそうのような施設での勤務は初めてでしたが、いちえんそうは【寄り添う】という言葉がぴったりだと思いました。

今まで病院勤務が主だったので、患者様の希望を聞いてあげられない事も多く、日々葛藤することも多々ありましたが、いちえんそうでは、利用者様や、家族様の希望を最大限に叶えたいと、職員のみんなが思っていることがとても素敵な職場だと思いました。同じ頃に作業療法士の先生も入職され、ボディメカニクスを利用して、安全に移乗する方法や、介護職員の負担が少ない方法などを学び直す事も出来ました。

また、利用者様の好きなものや、好きな事、家族の事や、これまでの仕事の事など、色んなお話をし、一人一人を尊重して接する職員をみてとても勉強になりました。病院ではなかなか学ぶことが出来ないコミュニケーションを、いちえんそうで学ばせてもらい、看護師としてまた一つ成長することが出来たと思います。これからも安全で、楽しい職場つくりを心がけたいです。

ほっこりレター ~ バドミントン ~

< バドミントン >    M・R

初めまして。六月から働かせていただいている M・Rと申します。未経験で介護のお仕事に就かせて頂き、只今研修中です。分からない事だらけの中で、不安いっぱいでしたが職員の方々が皆さん親切で、何とか頑張っています。

私には現在、小学校三年生の娘と小学校一年生の息子がいます。二人とも地域のバドミントンクラブに所属しています。娘は仲良しのお友達が入っているから、息子はお姉ちゃんがいるから、という理由でクラブに入部。週二回ある練習のうち、一回は保護者の参加が必須だったため、私もしぶしぶ道具を揃えてバドミントンをする事になりました。私もバドミントンなどした事もなくルールも一切知らない状態でしたが、ひたすら動画を見て上手くなるコツを研究したり本を読んでルールを覚えたり・・・。無趣味で運動とはほぼ無縁だった私が、子供たちのお陰で今では毎週楽しくバドミントンの練習に励んでいます。

ただ、どんどん上達して出来る事が増えていく子供たちに反して、母の私は全く進歩せず・・・。自分では出来もしないのに動画で得た知識を子供たちに威張って披露しています。同じ時期に始めたバドミントンですが、今では試合をしても勝てないこともしばしばです。

子供は色々な事をどんどん吸収して成長していっています。それと比べて自分の老化現象に落ち込む事もありますが、これからも仲良く一緒に続けられたらいいな、と願っています。

ほっこりレター ~ 作業療法 ~

< 作業療法 >  いちえんそう  Y・I

こんにちは。5月からいちえんそうで働いている作業療法士のY・Iです。いちえんそうでは、主に利用者の皆様と体操やレクレーションを行っています。

ところで皆さんは作業療法をご存知でしょうか?同じリハビリテーションでも、理学療法は歩く練習などを見たことがあったり想像しやすいと思いますが、作業療法はどういったことをするか知らない方が多いのではないでしょうか? 作業療法の言葉の中の『作業』とはその方が生きていくときに必要になる全ての行為です。人によってそれは料理かもしれないし、お友達とのおしゃべりかもしれません。その人らしく生きていくための行為全てが作業です。作業療法では、身体や発達の障がい、歳を重ね難しくなった作業ができるようにリハビリテーションを行います。ですので赤ちゃんからお年寄りまですべての年齢の方が作業療法の対象になります。

作業療法士は介護施設以外でも、病院のなかでは整形外科、脳神経外科、精神科、小児科、他にも特別支援学校、就労支援センターで働いています。私はいちえんそうで、体操やレクレーションを通じて利用者様がその人らしく過ごせるような関わりを行っていきたいと思っています。

また、レクリエーション以外でも、個々の利用者様やご家族様のご要望に応じた作業療法をしたいと思います。生活でお困りのことがありましたらどんなことでもお気軽に教えていただけたら嬉しいです。これからもよろしくお願いいたします。